モーリスラクロアMaurice Lacroix

すべてのデザインと開発を自社工房内で行った初の自社製クロノグラフムーブメントML 106を2006年に発表したことで、マニュファクチュールブランドとしての地位を確立したモーリス・ラクロア。その原点は1961年にデスコ・ド・シュルテスがスイスのセイネレジェに設立した時計工房からだ。1975年に「モーリス・ラクロア」として最初のモデルの販売を開始され、80年代、90年代には販売網の拡充と、生産能力の向上に努めた。  2006年末以降モーリス・ラクロアは、ジュラ地方のモンフォーコンに最新鋭の工房を構え、複数のスイス時計部品メーカーによる組織を形成することで複雑なムーブメント用の部品の製作と複雑時計の生産、そして製造量の向上を図っている。こうした動きと、同社のブランドアイデンティティである「パワー」、「プライド」、「情熱」のバランスに支えられ、ここ数年でモーリス・ラクロアは一挙にマニュファクチュール ブランドへと進化を遂げている。   2008年には機械式時計初の記憶機能付き新型グランドコンプリケーション「メモワール1」、レトログラードの技術が冴える「マスターピース・カランドリエ レトログラード」、細部の見直しを図り正統進化した「ポントス」の発表で、注目モデルが目白押しである。

新入荷 2019/9/25(水)

モーリスラクロアAIKON Automatic 35mm新入荷!

新入荷 2019/9/25(水)

モーリスラクロアの新作AI6058-SS002-330-2新作再入荷AI6058-SS002-430-2新入荷!

新入荷 2019/7/10(水)

モーリスラクロアの新作AI6007-SS002-430-1新作再入荷AI6008-PVB01-330-1新入荷!

新入荷 2019/6/6(木)

モーリス・ラクロア アイコン39mm新入荷!

お知らせ 2019/5/31(金)

モーリスラクロアフェア アイコンフェア 開催6月1日(土)~ ≫詳細はこちら

お知らせ 2019/5/31(金)

粕谷 哲 氏とモーリス・ラクロアのコラボレーション商品プレゼントフェア開催≫詳細はこちら

Collection